明日で10月も終わり-16mmカラコンもそろそろ次のかな

年齢とともに、時間がたつのが本当に早く感じられる。

1年なんてあっというま。そうこうしてるうちに、どんどん老化していくんだろう。

まあそんなこと憂いてても仕方ないので前向きにブログでも久しぶりに書いておきます。

16mmカラコンは1年経っても変わらず

1年前とカラコン環境で何か変わったかというと何も変わってないと思う。

たぶん16mmカラコンも新しいのがでたわけでもないと思うし、ラインアップは同じようなものかな。みんカラカラコンだったりもキングダムとクイーンとレジーナと変わってないね。ラブコンも新しいシリーズは出てないぽいかな。ポップレンズとかザピエルかは何だか動きがあって楽しいんだよね、SNSとか見ててもね。何が違うんだろうね。

よくある質問はカラコンのサイズのこと

聞きたくなるのも分かりますが、カラコンのサイズを人に聞いてもあまり意味はありません。
カラコン15mm以上のは大きいですか?といった質問のことです。
その答えを見れば分かりますが、気持ち悪いくらい大きいという人もいれば、ちょうどいいという人もいます。
ではなぜそういう意見が分かれるのでしょうか。

例に挙げるシェリエと15mmカラコン

シェリエが好きなカラコンの理由をまず簡単に載せておく。
前にもjillとかクチュールとかのカラコンのことを書いたけど、今日は、シェリエというカラコンについて。これもいろんなショップで見かける人気商品ですね。
確かに魅力を感じるところがいろいろあります。
一つは長く使えるところ。これはジルやクチュールも一緒ですね。確か1年だったかな使用期間が。これはコスパいいんで、続けやすいですね。
私が見たときは度数によっては売り切れになってるのもあったけど、それだけ売れてるんでしょうね。
あとはやっぱりスリートーンなデザインかな。これは好みなんで、好きって人もいれば、嫌いって人もいるでしょうね。
すごく特徴的なデザインなのですが、結構ナチュラルな感じもあったりします。
どこにつけていくかは迷うところですが、パーティーとかにもつけていきたいかな。まあパーティーに出ることなんて全然ないんですけどね。
シェリエは14.0のレンズなので大きくはないけど、これくらいのほうが私には合うのかな、それとも、もうちょっと大きめでも合うのかな。
そんなことを考えてると、やっぱり他にもいろいろと欲しくなってくるのです。
ところで久しぶりに公式ブログを見てみると、1年使用で14.0mmで人気のモテコンからワンデーがでるんですって。アイドレスっていうんですって。
可愛いオシャレな名前だな。

では15mmカラコンならどうだろうか。ここに一つの問題というか考えないといけない点が浮上してくるわけです。

グラデとフチでカラコンの存在感に違いが出る

全く同じレンズの大きさでもなぜ違うように見えるのかというと一つがグラデーションの模様というものがあります。
黒一色とグラデが入ってるデザインではどちらが大きく見えるでしょうか。恐らく前者ではないでしょうか。
それはベタっと塗ってる面積がそれだけ増えるわけだから、2トーンとか複雑デザインとは違いがでて当然である。
もう一つがフチどりである。
太いフチがあるとそれだけ目が大きく見える傾向にある。もちろん絶対ではないが、先ほどのグラデ同様、塗ってる面積が増えるということは、それだけ目に存在感が増すとい
モデルになれないけど近づきたいなら芸能人やタレントがプロデュースした商品を選んで見ましょう。
エンジェルカラーやヴィンテージだったりもナチュラルメイクにもあるだろう優れものだぞ。

  • 色で選ぶ
  • サイズ
  • 値段
  • モデル
  • 処方箋が必要か

こういった点をひたすら比較していけば、満足度の高いものに出会えるのではないだろうか。

正しい選択なのかカラコン15mmという存在

変に考えすぎることがあるんだけど、そういう時は過去の判断について疑問を持ってしまうことがあります。
例えばカラコン15mmについて何かの意見を知り合いから言われたりすると、へこんでしまったり、本当にそれでよかったのかと後悔してしまうことも。
少し関係を洗いなおししてみると、頭の中がクリアになったりしますよね。
それと一緒で、部屋を片付けたりしていると、ものごとが複雑だと思っていたことが実はもっとシンプルだったということに気づくこともあるんです。それはたぶん有効な方法だと考える。