ケアプロストの副作用は色素沈着と充血に注意

ケアプロストは医薬品ですから、副作用は起こりえます。

それを知った上で使うことが前提ですが、だからといって危険かというとそこまで危険ではないようです。

ただ、ケアプロストの副作用で多い色素沈着については何も知らずになってしまうと、不安と焦りでストレスになります。

このページでは、ケアプロストで起こりえる副作用について。そして色素沈着についてまとめていきます。

さらに、「いかに色素沈着を起こさずにケアプロストを使うか」ということも。

ではスタートです。

ケアプロストでなぜ色素沈着が起きる?

ケアプロストでまつ毛が伸びるのは、有効成分として「ビマトプロスト」が入っているから。

そのビマトプロストがメラニンの生成を活性化させるから、色素沈着が起こります。

絶対起きるわけではありませんが、おおよど30%程度のようです。個人差はありますが、ネットの口コミを見ている限り、もっと頻度は高そうに感じます。

実際に色素沈着が起きた人、そして色素沈着のために何らかの対策をしてる人、そういう人のコメントがたくさん見られます。

あとは虹彩などもそうですね。ビマトプロスト入り医薬品を使えば同じように色素沈着が起こりえますから、ルミガンソリューションでも起こりえます。

色素沈着ができても治るのか?

一旦色素沈着が出来ても、治ることが多いです。

サイトによっては、放置すれば治ると書いているところもありますが、絶対治るとは言い切れないので、治ることが多いと書いておきました。

色素沈着が起きた原因が明らかにケアプロストであれば、治る可能性が高いですが、いわゆるシミも突然できたりします。実際は突然ではなく、皮膚の奥の方から押し上げられてきて目立つようになってくるらしいですけどね。

皮膚にはターンオーバーがありますから、黒ずみの色素沈着も、メラニン色素が排出されれば、元に戻ることが多いです。

ただ、1週間や2週間では治らないでしょうね。1ヶ月かもうちょっとみたほうがいいでしょう。

もし、それでも治らない場合は、もしかしたらケアプロストが原因ではないシミなのかもしれません。

色素沈着の副作用の対策で出来ることは?

予め、ケアプロストを使うことで色素沈着があるかもということを知ったわけですから、そのためにできる対策があればしておくに越したことはありません。

予防方法としてよく聞かれるのが「ワセリン」です。

実際、この方法だと、色素沈着をなくすことも出来るかもしれません。

ケアプロストの塗り方としては、まつ毛の根元に塗るわけですが、その部分だけ丁寧にピンポイントで塗れていれば問題はないんですが、実際は、そうもいきません。

焦って塗ることもあるでしょうし、不器用なタイプなら、少し塗る位置ばずれてしまうこともあるでしょう。

そんな時のために、ワセリンでバリアを貼っておく感じです。ワセリンは水分を弾いてくれますので、まぶたに塗っておけば、それだけで副作用をうまく予防でいます。

ケアプロストで目が充血する

ケアプロストで目が充血する原因は、液が目に入ってしまうからです。

元々は緑内障のための点眼液ですから、目に入ることは問題ないと思われがちですが、ケアプロストを点眼した場合、眼圧を下げようとしますので、目が充血しやすいんです。

目が充血するかしないかは別にして、ケアプロストやルミガンをまつ毛を伸ばすために使用するのであれば、目に入ることは避けたほうがいいでしょうね、絶対に。

ケアプロストが日々目に入るようなことがあると、目の充血以外にも、目のかゆみ、目のくぼみとかも起こりえます。

目の充血の対策としては、何より目に液が入らないようにするだけです。目の充血程度であれば、時間とともに戻るでしょうけど、あまりにも毎日のことだったり、量が多かったりするとちょっと心配なんで、塗り方を徹底しましょう。

ケアプロストで目や付近が痒い

目のかゆみは、アレルギーの可能性もありますが、対策のしようがありません。痒みが酷い場合はしばらくケアプロストを中止するのも一つです。

ケアプロストで二重になる

時々ですが、ケアプロストを使うことで二重になったという口コミがあります。これも副作用と言えるかと思うので書いておきます。

これは眼球がくぼむこと、目の周りがくぼむことが原因のようですが、元々、ケアプロストに二重になれる効果というものはありませんし、二重になれたとしても、原因は分かりません。

対策も何もないですが、あまりにも変化が激しいようでしたら不安もでるでしょうから、少し様子を見るのもいいでしょうね。

ケアプロストで失明はしないはず

何かにつけて不安を煽るかのような書き込みをみかけますが、ケアプロストで失明するということはまずありえないでしょう。

元々が点眼液なんですから、そんなはずはありません。

ただ、医薬品であること、ビマトプロストが入っていること、なにが起きても自己責任ということを分かった上で慎重に使うようにしましょう。ケアプロストの偽物じゃない正規品を使うのは当然ですが、薬という認識は持っておきましょう。